ワーキングプア の生活

今、日本では景気回復にも関わらず、ワーキングプアという低所得層が増加しています。
ワーキングプアとは、就労しているのに、生活保護水準以下で暮らす人たちのことです。
なぜ、ワーキングプアが増えているのでしょう?
ワーキングプアについて調べてみましょう。

   ワーキングプア からの脱却

ワーキングプア から抜け出すために

さて、ワーキングプアから抜け出すためには、一体どのようなことが必要になるのでしょうか?

 ワーキングプアとは、年収が生活保護水準、という定義でした。であれば、ワーキングプアから抜け出すためには、自分の給料を増やす、あるいは資産を持ち、資産からのインカムゲインを増やす、という選択肢しかありません。しかし、ワーキングプアというレベルにいるのであれば、恐らく資産と呼べるようなものは持っていないでしょう。(もし、自宅があるのなら、それを賃貸にまわす、という方法もありです。で、自分はもっと安い賃貸アパートに住む。これだと、その差額がインカムゲインとなります。あなたがぼろアパートに住めば、その家賃が安ければ安いほど、ワーキングプアからの脱却が近づきます。)

 となると、自分ができそうな仕事(しかも、正社員で)を探し、それに必要なスキル、資格を見極めます。必要であれば、そのスキルを身につけるために時間をつくります。仕事のあとの疲れた体にはきついでしょうが、よりよい仕事につくまでのガマンです。もちろん、しばらくは無駄遣いをしてはいけません。可能なら、お酒もタバコもやめましょう。いや、やめなくてはなりません。体にも悪いしお金もかかります。これくらいの決意でガマンして努力しないと、ワーキングプアから抜け出すことは難しい、ということを理解してください。

 新しい仕事を選ぶときの重要なポイントが一つあります。それは、「体に無理がかかりすぎない」ということです。たとえば、土建屋などで働くことを悪いとはいいません。給料も高いでしょう。しかし、そのために支払う対価は非常に大きいものとなります。それよりも、多少給料は安くとも、体も、精神的にも疲れないものが良いでしょう。こういった仕事を選べば、仕事を終えた後に、さらに別のスキルを身につけるための勉強もできます。そうして、最終的には株式や中古アパートなどのインカムゲイン(あるいはキャピタルゲイン)が期待できる試算を保有してゆくのです。あとは同じことを繰り返すだけです。資産で得た収入をさらに別の資産購入にあてます。この段階までくれば、ワーキングプアとは無縁の存在になりつつあるでしょう。次、あなたが仕事をなくしたとしても、あなたが保有する資産がワーキングプアに転落するのを守ってくれます。

とはいえ、これは王道的なパターンですが、かなりの努力、決意が必要だということがわかるでしょう。それゆえ、多くの人がワーキングプアに陥ると、そこから抜け出せずにいるのです。

ワーキングプア とは?

ワーキングプア の生活

ワーキングプア の生活  All Rights Reserved. 2007 lastupdate:08/08/20